ホーム » 物質化学工学科

物質化学工学科

学科概要

物質化学工学科の沿革

昭和39年4月 本校創設。
昭和44年4月 本校創設5年後、物質化学工学科の前身の化学工学科が増設されました。
化学工学科では、他高専の化学系学科とは異なり、全国3校だけに設置された実習工場を有するユニークな学科として、実践的技術者養成における先駆的役割を担ってきました。
平成 9年4月 4~5学年で化学応用工学と生物応用工学との2コース制を設け、物質化学工学料に発展的に改組し、現在4年生が物質化学工学科の一期生として学業に励んでいます。
平成12年4月 完成年度を来年に控え、『物質化学工学科棟』が新たに竣工いたしました。

高等専門学校制度について

 物質化学工学科を卒業したあと、さらに二年制の本校専攻科(化学工学専攻)に進学し、学士(工学)号を取得して、大学院に進むこともできます。もちろん、高専卒業時と専攻料修了時に企業等への就職も可能で、多様な進路選択がたやすくできるところが大きな魅力となっています。 
 

物質化学工学科の特色

(1) コース別専門科目
4年次からは、学生は「化学応用工学コース」と「生物化学工学コース」のいずれかのコースを選択し、コース別の小人数教育により密度の高い高度な専門教育を受けることができます。
(2) 基礎教育課程と共通専門科目
低学年では基礎教育課程として共通カリキュラムを編成し、コース選択後も他コース関連科目をある程度選択できるよう、共通専門科目を設けています。
(3) 実践教育の実施
例えば、演習科目として1,2年次で一般化学演習、3~5年次で物質化学工学演習を設け、実験・実習は全学年に配置しています。 また、4年後期からは各コースの特徴を活かしてコース別の実験・実習を実施しており、さらに、第4学年の選択教科にインターンシップを導入し、企業での実践的実習にも積極的に取り組んでいます。
(4) 国際化に対応した先端的技術教育
4、5年次には工業外国語を配置して、国際化社会に対応するとともに、教官だけではなく専攻科生を中心とした学生の学会研究活動を推進しています。
(5) 地域社会への貢献
産官学技術懇話会や技術セミナー、公開講座などを通じて、技術教育や技術交流を行っています。企業からの技術相談や共同研究にも積極的に応じています。

カリキュラム

一般教科

専門科目

本科生の方へ

http://www.nara-k.ac.jp/honka/chemical/(外部サイト)