ホーム » 教職員紹介 » プロセス工学グループ » 林 啓太

林 啓太

氏名(漢字) 林 啓太
氏名(カナ) ハヤシ ケイタ
氏名(ローマ字) Keita HAYASHI
性別
研究室 奈良県大和郡山市矢田町22 奈良工業高等専門学校 本館北棟1F  F103
メールアドレス※ hayashi♦chem.なら-k.ac.jp
電話番号 (0743)55-6152

※巡回ロボット対策のため、@を◆に、naraをひらがなの「なら」に変えています。

所属

物質化学工学科 プロセス工学グループ 講師

取得学位

博士(工学) 大阪大学 基礎工学研究科 2013

研究概要

物理化学的特性に基づいたテーラーメイド薬剤カプセルの開発
-両親媒性物質を用いた自己集合体のデザインとDDSへの応用-

両親媒性物質はミセル,ベシクル,エマルションなど様々な種類の自己集合体を形成することが知られている.これらの自己集合体は構造依存的な物理化学的特性を有しており,薬剤カプセルとして応用した場合,異なる特性を示すことを報告している(Colloids Surf. B, 152, 269-276 (2017)).例えば,構造が類似する両親媒性物質から構成された自己集合体であっても,ミセルが非常に動的な構造を有しているのに対し,ベシクルは安定した構造を有している.これら構造依存的な特性は薬剤封入や漏出,血中での安定性,細胞への薬剤送達効率など薬剤カプセルとしての機能と密接に関係していると考えられる.我々はこれら自己集合体の特性をパラメータ化し,薬剤カプセルとしての機能の関係性をデータベース化することで,各疾患や目的(治療や診断)に適した薬剤カプセルのデザイン,所謂テーラーメイド薬剤カプセルへの検討を行っている.



K. Hayashi et al., Colloids Surf. B, 152, 269-276 (2017)

ホームページURL

中村研究室・林研究室 ホームページ 

研究分野

1.ベシクル/リポソーム
2.膜(脂質二重膜)特性
3.ドラッグ・デリバリー・システム(DDS)
4.細胞死(細胞膜傷害)

研究・教育歴

2012年4月 – 2013年 3月
      学術振興会 特別研究員(DC2)(大阪大学大学院基礎工学研究科)

2013年4月-2016年3月
      奈良工業高等専門学校 物質化学工学科 助教

2016年4月-至現在
      奈良工業高等専門学校 物質化学工学科 講師

所属学会

1. 化学工学会
2. 日本DDS学会
3. 分離技術会
4. 日本膜学会
5. 日本分子生物学会

受賞歴

1. 平成24年 第28回日本DDS学会学術集会 優秀発表賞
Span80 ベシクルの膜特性ならびにがん細胞との相互作用
林 啓太、辰井 剛、加藤 敬一、島内 寿徳、馬越 大

2. 平成24-25年 JSPS Fellow (DC2)
Membranome創薬 ~膜の認識・融合・制御を達成するDDSの創成~
林 啓太

3. 平成23年 NEXT Membranome Fellow
内閣府 最先端・次世代研究開発プログラム“Membranome”
林 啓太

4. 平成22年 GCOE Fellow
GCOE “Bio-Environment Chemistry”
林 啓太

外部資金による研究

1. 科学研究費助成事業 (学術研究助成基金助成金(若手研究(B)),平成27年度~平成29年度)
「テーラーメイド薬剤カプセル -自己集合体の特性に基づく薬剤カプセルのデザイン-」

2. 公益財団法人長岡技術科学大学技術開発教育研究振興会 研究助成 (平成26年度)
「高機能な薬剤カプセルの調製を目指して
- 非イオン性界面活性剤を用いた自己集合体の選択的調製と特性評価に基づいた薬剤カプセルへの応用 -」

3. 文部科学省 ナノテクノロジープラットフォームセンター (平成26年度)
「PEG 化界面活性剤導入による自己集合体構造(ベシクル)の制御とドラッグ・デリバリー・システムへの応用」

4. 文部科学省 ナノテクノロジープラットフォームセンター (平成25年度)
「ベシクルと抗がん剤の膜内相互作用と膜間移動メカニズム」

5. 公益財団法人 住友財団 (基礎科学研究助成,平成25年度~平成27年度)
「Span80ベシクルによる細胞膜傷害 -小疱を伴った非アポトーシス様細胞死を誘導-」

6. 科学研究費助成事業 (学術研究助成基金助成金(スタート支援),平成25年度~平成26年度)
「Membranome創薬 ~膜の認識・融合・制御を達成するDDSの創成~」

7. 日本学術振興会 特別研究員 (研究奨励費,平成24年度)
「Membranome創薬 ~膜の認識・融合・制御を達成するDDSの創成~」林 啓太

担当授業

1年後期:工学基礎
レポート

2年後期:化学工学基礎
課題1
課題2
課題3
課題4

4年通年:微粒子工学

4年前期:物質化学実験4
レポート表紙

4年後期:化学応用工学実験1
レポート表紙

5年前期:物質化学工学演習
配布資料

研究業績(論文・解説等)

論文

5件表示 全件表示
  1. “Calcein Leakage Behavior from Vesicles Induced by Protein-Vesicle Interaction: A Study by Surface Pressure-Area Isotherms”, Saki Fukuma, Toshinori Shimanouchi, Keita Hayashi, Yukitaka Kimura, Chem. Letter, 46(7), 1036-1039

  2. “Multi-Level Characterization of the Membrane Properties of Resveratrol-Incorporated Liposomes”, Jin Han, Keishi Suga, Keita Hayashi, Yukihiro Okamoto, Hiroshi Umakoshi, J. Phys. Chem. B, 121(16), 4091-4098 (2017) [PubMed]

  3. “Tailor-made Drug Carrier: Comparison of Formation-dependent Physicochemical Properties within Self-assembled Aggregates for an Optimal Drug Carrier”, Keita Hayashi, Hideka Iwai, Toshiyuki Kamei, Kaede Iwamoto, Toshinori Shimanouchi, Sakiko Fujita, Hidemi Nakamura, Hiroshi Umakoshi, Colloids Surf. B, 152, 269-276 (2017) [PubMed]

  4. “Characterization of Liposome Membrane Containing Chlorophyll a and It Photosensitized Functions”, Shogo Taguchi, Keishi Suga, Keita Hayashi, Yukihiro Okamoto, Hidemi Nakamura, Hiroshi Umakoshi, J. Nanosci. Nanotechnol., 17(7), 4888-4893 (2017)

  5. “Characterization of Sorbitan Surfactant-based Vesicles at the Molecular Scale Using NMR: Effect of Acyl Chain Length vs. Phospholipid Composition”, Keita Hayashi, Hideka Iwai, Toshiyuki Kamei, Ayako Kato, Yusuke Murata, Hidemi Nakamura, Hiroshi Umakoshi, Colloids Surf. B, 144, 33-37 (2016)  [PubMed]

  6. “Investigation of Fatty Acid Ketohydrazone Modified Liposome’s Properties as a Drug Carrier”, Keita Hayashi, Madoka Kiriishi, Keishi Suga, Yukihiro Okamoto, and Hiroshi Umakoshi, J. Drug. Delivery2015, Article ID 481670, 7 pages (2015) [PubMed]

  7. “Characterization of the Physicochemical Properties of Phospholipid Vesicles Prepared in CO2/water Systems at High Pressure”, Hidemi Nakamura, Shogo Taguchi, Keishi Suga, Keita Hayashi, Ho-Sup Jung, Hiroshi Umakoshi, Biointerphases10, 031005 (2015) [PubMed]

  8. “Formation of Lens-like Vesicles Induced via Microphase Separations on a Sorbitan Monoester Membrane with Different Headgroups”, Keita Hayashi, Hideka Iwai, Toshinori Shimanouchi, Hiroshi Umakoshi, Tomoyuki Iwasaki, Ayako Kato, Hidemi Nakamura, Colloids Surf. B135, 235-242 (2015) [PubMed]

  9. “Systematical Characterization of Phase Behaviors and Membrane Properties of Fatty Acid/Didecyldimethylammonium Bromide Vesicles”, Keishi Suga, Tomoya Yokoi, Dai Kondo, Keita Hayashi, Seiichi Morita, Yukihiro Okamoto, Toshinori Shimanouchi, Hiroshi Umakoshi, Langmuir, 30, 12721−12728 (2014) [PubMed]

  10. “Comparison of the Interfacial Properties of Span 80 Vesicle, W/O Emulsions and Liposomes”, Keita Hayashi, Hiroshi Umakoshi, Toshinori Shimanouchi, Solvent Extr. Res. Dev. Jpn.21(2), 191-199 (2014)

  11. “Relationship between the Mobility of Phosphocholine Headgroup and the Protein-Liposome Interaction: A Dielectric Spectroscopic Study”, Toshinori Shimanouchi, Norio Yoshimoto, Azusa Hiroiwa, Keiichi Nishiyama, Keita Hayashi, Hiroshi Umakoshi, Colloids Surf. B116, 343-350 (2014) [PubMed]

  12. “Membrane Interaction between Span 80 Vesicle and phospholipid vesicle (liposome): Span 80 Vesicle can Perturb and Hemifuse with Liposomal Membrane”, Keita Hayashi, Tsuyoshi Tatsui, Toshinori Shimanouchi, Hiroshi Umakoshi, Colloids Surf. B, 106, 258-264 (2013) [PubMed]

  13. “Enhanced Cytotoxicity for Colon 26 Cells Using Doxorubicin-Loaded Sorbitan Monooleate (Span 80) Vesicles”, Keita Hayashi, Tsuyoshi Tatsui, Toshinori Shimanouchi, Hiroshi Umakoshi, Int. J. Biol. Sci., 9(2), 142-148 (2013) [PabMed]

  14. “Active Targeting to Osteosarcoma Cells and Apoptotic Cell Death Induction by the Novel Lectin Eucheuma serra Agglutinin Isolated from a Marine Red Alga”, Keita Hayashi, Peter Walde, Tatsuhiko Miyazaki, Kenshi Sakayama, Atsushi Nakamura, Kenji Kameda, Seizo Masuda, Hiroshi Umakoshi, Keiichi Kato, J. Drug. Delivery, 2012, Article ID 842785, 11 pages (2012) [PabMed]

  15. “Span 80 vesicles have a more fluid, flexible and "wet" surface than phospholipid liposomes’’, Keita Hayashi, Toshinori Shimanouchi, Keiichi Kato, Tatsuhiko Miyazaki, Atsushi Nakamura, Hiroshi Umakoshi, Colloids Surf. B, 87(1), 28-35 (2011) [PabMed]

総説

5件表示 全件表示

    記事はありません。

研究業績(著書)

5件表示 全件表示
    なし

研究業績(口頭発表・ポスター)

国際

5件表示 全件表示
  1. The 11th International Conference on Separation Science and Technology (ICSST) (2017, 11, Busan, Korea)
    "Characterization of chlorophyll a incorporated liposomes and bicelles as photosynthesis platform"
    Shogo Taguchi, Keishi Suga, Keita Hayashi, Yukihiro Okamoto, Hidemi Nakamura and Hiroshi Umakoshi

  2. The 11th International Conference on Separation Science and Technology (ICSST) (2017, 11, Busan, Korea)
    "Change of the membrane properties of liposome by dehydrocholic acid"
    Kazutoshi Morimoto, Keita Hayashi, Sosaku Ichikawa, Toshiyuki Kamei, Hidemi Nakamura

  3. The 11th International Conference on Separation Science and Technology (ICSST) (2017, 11, Busan, Korea)
    "Adsorptive separation of Ni and Sn from polishing sludge using ion exchanger fiber"
    Taiga Sakamoto, Keita Hayashi and Hidemi Nakamura

  4. The 11th International Conference on Separation Science and Technology (ICSST) (2017, 11, Busan, Korea)
    "Development of dehydration recycling system for water-soluble detergent using nanoceramic membranes"
    Shimpei Ishikawa, Shinichi Nakano, Keita Hayashi, Hidemi Nakamura

  5. The Symposium series of Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC) (2016, 10, Miyazaki, Japan)
    "Development of High-Performance Impeller for Bioreactor to Mass Culture of Aerobic Microorganisms"
    Ren Sawada, Keita Hayashi, Ayuko Itsuki, Hidemi Nakamura

  6. The Symposium series of Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC) (2016, 10, Miyazaki, Japan)
    "Relationship between formation of self-assembled aggregates and encapsulation efficiency based on formation-dependent properties"
    Yusuke Murata, Keita Hayashi, Ayako Kato, Hidemi Nakamura

  7. The Symposium series of Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC) (2016, 10, Miyazaki, Japan)
    "Characterization and application of fluorescence-lipids as a trackable probe"
    Yuma Mitsuyoshi, Keita Hayashi, Toshiyuki Kamei, Hidemi Nakamura

  8. The 10th Conference of Aseanian Membrane Society (AMS10) (2016, 8, Nara, Japan)
    "Preparation and Characterization of Self-assembled Aggregates and Application as a Drug Carrier"
    Keita Hayashi,  Hideka Iwai, Yusuke Murata, Ayako Kato, Hidemi Nakamura

  9. The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem) (2015, 12, Hawaii, USA)
    "Characterization of Phospholipid Vesicles Prepared in CO2/H2O system at high pressure"
    Keishi SUGA, Shogo TAGUCHI, Keita HAYASHI, Yukihiro OKAMOTO, Hidemi NAKAMURA, Hiroshi UMAKOSHI

  10. The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem) (2015, 12, Hawaii, USA)
    "Interaction between Dialysis Membrane and Proteins Using a Denatured Protein"
    Yuri CHIKAYAMA, Yoshiyuki UENO, Hiroshi TAKAHASHI, Masayuki YAMADA, Hiroaki FUJIEDA, Keita HAYASHI, Hidemo NAKAMURA

  11. The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem) (2015, 12, Hawaii, USA)
    "Design of Self-assembling Complexes Based on Formation-Dependant Phisicochemical Properties for Application as Biomaterials"
    Keita HAYASHI, Hideka IWAI, Toshinori SHIMANOUCHI, Toshiyuki KAMEI, Hiroshi UMAKOSHI, Ayako KATO, Tomoyuki IWASAKI, Hidemi NAKAMURA

  12. The Symposium series of Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC) (2014, 11, Chiayi, Taiwan)
    "Formations and Hydration Structure of Vesicles were Controlled by Surface Modification of Polyethylene glycol"
    Keita HAYASHI, Hideka IWAI, Toshinori SHIMANOUCHI, Hiroshi UMAKOSHI, Tomoyuki IWASAKI, Ayako KATO, Hidemi NAkAMURA

  13. International Conference on Separation Science and Technology (ICSST) (2014, 10, Nara, Japan)
    "Characterization of Interaction and Adsorption Properties of Protein on Artificial Dialysis Membrane"
    Yuri CHIKAYAMA, Yoshiyuki UENO, Hiroshi TAKAHASHI, Hiroaki FUJIEDA, Miwa TOKUYAMA, Keita HAYASHI, Hidemo NAKAMURA

  14. International Conference on Separation Science and Technology (ICSST) (2014, 10, Nara, Japan)
    "Preparation of Self-assembling complexes composed of Non-ionic Surfactants and Evaluation of Interfacial Properties"
    Hideka IWAI, Keita HAYASHI, Toshinori SHIMANOUCHI, Hiroshi UMAKOSHI, Tomoyuki IWASAKI, Ayako KATO, Hidemi NAKAMURA

  15. International Symposium for the 70th Anniversary of the Tohoku Branch of the Chemical Society of Japan (2013, 9, Sendai, Japan)
    "Characterization of liposomes prepared by non-solvent supercritical reverse phase evaporation method"
    Syogo TAGUCHI, Keishi SUGA, Hiroshi UMAKOSHI, Keita HAYASHI, Hidemi NAKAMURA

  16. NEXT Symposium "Membranome" for "Bio-Inspired Chemical Engineering" (2013, 9,Osaka)
    "Characterization of liposomes prepared by non-solvent supercritical reverse phase evaporation method"
    Syogo TAGUCHI, Keishi SUGA, Hiroshi UMAKOSHI, Keita HAYASHI, Hidemi NAKAMURA

  17. NEXT Symposium "Membranome" for "Bio-Inspired Chemical Engineering" (2013, 9,Osaka)
    "Span 80 vesicle has  unique  membrane, resulting in the easy interaction with phospholipids vesicle"
    Keita HAYASHI, Toshinori SHIMANOUCHI, Tsuyoshi TATSUI, Madoka KIRIISHI, Hiroshi UMAKOSHI

国内

5件表示 全件表示
  1. 2017年度生命科学系学会合同年次大会(第40回日本分子生物学会年会) (2017年12月,神戸)
    "ステロイド誘導体の構造の違いと細胞膜への影響の関係性"
    林 啓太, 森本 和寿,亀井 稔之,市川 創作,中村 秀美

  2. 化学工学会 第49回秋季大会 (2017年9月,名古屋)
    "自己組織化するPro-Drug分子の開発ならびに集合特性解析"
    韓 瑾,菅 恵嗣,林 啓太,岡本 行広,馬越 大

  3. 化学工学会 第49回秋季大会 (2017年9月,名古屋)
    "ステロイド誘導体の構造の差異によるリポソーム膜特性への影響の違い"
    森本 和寿,林 啓太,市川 創作,亀井 稔之,中村 秀美

  4. 化学工学会 第49回秋季大会 (2017年9月,名古屋)
    "イオン交換繊維を用いためっきスラッジからのNi及びSnの分離回収"
    園田 幸樹,林 啓太,中村 秀美

  5. 化学工学会 第49回秋季大会 (2017年9月,名古屋)
    "ナノセラミック膜を用いた水溶性洗浄剤の脱水再生システムの開発"
    石川 真平,仲野 真一,林 啓太,中村 秀美

  6. 化学工学会 第49回秋季大会 (2017年9月,名古屋)
    "ディスク状脂質膜の相挙動制御に基づくクロロフィルaの分子配向性制御とその応用"
    田口 翔悟,菅 恵嗣,林 啓太,岡本 行広,中村 秀美,馬越 大

  7. 第33回日本DDS学会 (2017年7月,京都)
    "蛍光ラベル化脂質の調製と薬物動態解析への応用"
    林 啓太,光好 佑麿,亀井 稔之,中村 秀美

  8. 日本膜学会 第39年会 (2017年5月,東京)
    "ステロイド誘導体のリポソーム膜構造への影響"
    森本 和寿,林 啓太,亀井 稔之,市川 創作,中村 秀美

  9. 分離技術会 年会2016 (2017年5月,神奈川)
    "モデル生体膜における Resveratrol の分配挙動ならびに抗酸化機能の評価"
    韓 瑾,菅 惠嗣,林 啓太,岡本行広,馬越 大

  10. 分離技術会 年会2016 (2017年5月,神奈川)
    "ナノセラミック膜を用いた水溶性洗浄剤の脱水再生システムの開発"
    石川 真平,仲野 真一,林 啓太,中村 秀美

  11. 分離技術会 年会2016 (2017年5月,神奈川)
    "イオン交換繊維を用いた研磨スラッジからの Ni および Sn の吸着分離"
    坂本 大河,林 啓太,中村 秀美

  12. 分離技術会 年会2016 (2017年5月,神奈川)
    "クロロフィル修飾脂質ディスク膜のミクロ相平衡"
    田口 翔悟,菅 恵嗣,林 啓太,岡本 行広,中村 秀美,馬越 大

  13. 化学工学会 第81年会 (2017年3月,東京)
    "Control of Orientation of Chlorophyll a on Lipid Bilayer Membrane and Its Photo-Function"
    田口 翔悟,菅 恵嗣,林 啓太,岡本 行広,中村 秀美,馬越 大

  14. 第19回化学工学会学生発表会 (豊中大会) (2017年3月,大阪)
    "PMMA膜に対するタンパク質の吸着メカニズムの解明"
    吉川 綾奈,林 啓太,中村 秀美

  15. 第19回化学工学会学生発表会 (豊中大会) (2017年3月,大阪)
    "イオン交換繊維を用いた研磨スラッジからのNiおよびSnの吸着分離"
    坂本 大河,林 啓太,中村 秀美

  16. 化学工学会 第48回秋季大会 (2016年9月,徳島)
    "構造依存性特性に基づいた自己集合体における薬剤封入効率の評価"
    村田 祐輔,林 啓太,加藤 綾子,中村 秀美

  17. 化学工学会 第48回秋季大会 (2016年9月,徳島)
    "蛍光ラベル化脂質の薬物動態解析プローブとしての特性解析と細胞への応用"
    光好 佑麿,林 啓太,亀井 稔之,中村 秀美

  18. 化学工学会 第48回秋季大会 (2016年9月,徳島)
    "好気性微生物の大量培養を目的としたバイオリアクター向け高性能撹拌翼の開発"
    澤田 廉,林 啓太,中村 秀美

  19. 第32回日本DDS学会学術集会 (2016年7月,静岡)
    "薬剤カプセルの構造とAlbuminとの相互作用の関係"
    林 啓太,村田 祐輔,加藤 綾子,中村 秀美

  20. 分離技術会 年会2016 (2016年5月,千葉)
    "自己集合体の構造依存的特性と薬剤封入への影響"
    林 啓太,加藤 綾子,村田 祐輔,中村 秀美

  21. 日本膜学会 第38年会 (2016年5月,東京)
    "構造依存的特性に基づいた薬剤カプセルのデザインと応用"
    林 啓太,村田 祐輔,加藤 綾子,中村 秀美

  22. 化学工学会 第81年会 (2016年3月,大阪)
    "構造依存的特性に基づいた自己集合体のAlbuminとの相互作用評価"
    村田 祐輔,林 啓太,加藤 綾子,中村 秀美

  23. 化学工学会 第81年会 (2016年3月,大阪)
    "蛍光ラベル化脂質の特性解析と薬物動態解析可能なドラッグキャリアへのアプローチ"
    光好 佑麿,林 啓太,亀井 稔之,島内 寿徳,中村 秀美

  24. 化学工学会 第81年会 (2016年3月,大阪)
    "人工透析膜を用いた変性タンパク質吸着における変性剤の影響"
    佐藤 潤一,近山 友梨,上野 良之,高橋 博,山田 誠之,藤枝 洋暁,林 啓太,中村 秀美

  25. 化学工学会 第81年会 (2016年3月,大阪)
    "分散型TiO2光触媒を用いた水浄化システムにおける高効率光反応槽の開発"
    瀧上 直哉,林 啓太,中村 秀美

  26. 化学工学会 第81年会 (2016年3月,大阪)
    "イオン交換繊維を用いた研磨スラッジからのNi及びSnの分離回収"
    飴田 尚也,林 啓太,中村 秀美

  27. 膜シンポジウム2015 (2015年11月,兵庫)
    "人工透析膜における変性タンパク質の相互作用の解明"
    近山 友梨,上野 良之,髙橋 博,山田 誠之,藤枝 洋暁,林 啓太,中村 秀美

  28. 膜シンポジウム2015 (2015年11月,兵庫)
    "界面活性剤を基本とする自己集合体の構造・特性制御と薬剤カプセルへの応用"
    林 啓太,盤井 秀香,加藤 綾子,中村 秀美

  29. 化学工学会 第47回秋季大会 (2015年9月,北海道)
    "目的に適した薬剤カプセルの選択的な調製を目指して"
    林 啓太,盤井 秀香,加藤 綾子,中村 秀美

  30. 第30回日本DDS学会学術集会 (2015年7月,東京)
    "目的に適した薬剤カプセルの調製を目指して
    ‐非イオン性界面活性剤を用いた自己集合体の選択的調製と特性評価に基づいた薬剤カプセルへの応用‐"
    林 啓太,盤井 秀香,島内 寿徳,馬越 大,岩崎 智之,加藤 綾子,藤田 咲子,中村 秀美

  31. 分離技術会年会2015 (2015年5月,神奈川)
    "分散型 TiO2 光触媒を用いた水浄化システムにおける高効率粒子分離装置の開発"
    瀧上 直哉,林 啓太,中村 秀美

  32. 分離技術会年会2015 (2015年5月,神奈川)
    "人工透析膜における変性タンパク質の吸着特性の解明"
    近山 友梨,上野 良之,髙橋 博,藤枝 洋暁、林 啓太,中村 秀美

  33. 分離技術会年会2015 (2015年5月,神奈川)
    "構造依存的な物理化学的特性解析に基づいた非イオン界面活性剤から成るソフトマテリアルのデザイン"
    林 啓太,盤井 秀香,加藤 綾子,藤田 咲子,馬越 大,中村 秀美

  34. 膜シンポジウム2014 (2014年11月,兵庫)
    "人工透析膜における変性タンパク質の吸着"
    近山 友梨,上野 良之,髙橋 博,藤枝 洋暁,徳山 美和,林 啓太,中村 秀美

  35. 膜シンポジウム2014 (2014年11月,兵庫)
    "界面活性剤より構成される自己集合体の構造に起因する特性変化の解明"
    盤井 秀香,林 啓太,島内 寿徳,馬越 大,加藤 綾子,中村 秀美

  36. 化学工学会 第46回秋季大会 (2014年9月,福岡)
    "人工透析におけるタンパク質の相互作用と吸着特性の解明"
    近山 友梨,上野 良之,髙橋 博,藤枝 洋暁,徳山 美和,林 啓太,中村 秀美

  37. 化学工学会 第46回秋季大会 (2014年9月,福岡)
    "界面活性剤の構造と温度変化による自己集合体の特性変化"
    盤井 秀香,林 啓太,中村 秀美

  38. 分離技術会 年会2014 (2014年5月,名古屋)
    "人工透析膜におけるタンパク質の相互作用と吸着特性の解明"
    中村 秀美,林 啓太,近山 友梨,上野 良之,髙橋 博,藤枝 洋暁,徳山 美和

  39. 分離技術会 年会2014 (2014年5月,名古屋)
    "人工透析膜におけるタンパク質の相互作用と吸着特性の解明"
    近山 友梨,上野 良之,髙橋 博,藤枝 洋暁,徳山 美和,林 啓太,中村 秀美

  40. 分離技術会 年会2014 (2014年5月,名古屋)
    "界面活性剤の分散に伴う自己集合体形成と構造特性解析"
    盤井 秀香,林 啓太,中村 秀美

  41. 日本膜学会 第36年会 (2014年5月,東京)
    "人工透析におけるタンパク質の相互作用と吸着特性の解明"
    近山 友梨,林 啓太,中村 秀美

  42. 日本膜学会 第36年会 (2014年5月,東京)
    "PEG化脂質による自己集合体形成と界面特性の評価"
    盤井 秀香,林 啓太,中村 秀美

  43. 第16回化学工学会学生発表会(堺大会) (2014年3月,大阪)
    "抗がん作用の期待されるオーラノフィン封入脂質ベシクルのDDSへの応用"
    松村 真希, 林 啓太, 中村 秀美

  44. 第16回化学工学会学生発表会(堺大会) (2014年3月,大阪)
    "非イオン界面活性剤を用いた自己集合体の特性評価とPEGによる影響"
    盤井 秀香, 林 啓太, 中村 秀美

  45. 第16回化学工学会学生発表会(堺大会) (2014年3月,大阪)
    "非溶媒超臨界二酸化炭素により調製したリポソームの特性解析"
    田口 翔吾, 菅 恵嗣, 馬越 大, 林 啓太, 中村 秀美

  46. 第36回日本分子生物学会年会 (2013年12月,兵庫)
    "Blebbing and cell death of cancer cells by treated with surfactant vesicle"
    林 啓太, 島内 寿徳, 宮崎 龍彦, 馬越 大

  47. 膜シンポジウム2013 (2013年11月,京都)
    "がん細胞の界面活性剤ベシクル添加による小疱形成"
    林 啓太, 島内 寿徳, 宮崎 龍彦, 馬越 大

  48. 化学工学会 第45回 秋季大会 (2013年9月,岡山)
    "スパン系界面活性剤によるベシクルの調製と膜特性評価"
    林 啓太, 盤井 秀香, 濱田 七海, 松村 真希, 松本 明日香, 雜賀 聡美, 中村 秀美

  49. 第29回日本DDS学会 (2013年7月,京都)
    "リモートローディング法を利用したベシクルのナノ膜界面を介するDoxorubicinの封入"
    林  啓太, 辰井  剛, 切石  まどか, 島内  寿徳, 馬越  大,

  50. 分離技術会 年会2013 (2013年5月,東京)
    "ベシクル膜特性デザイン ~膜-物質間相互作用を膜特性により制御する~"
    林  啓太, 切石  まどか, 辰井  剛, 島内  寿徳, 中村 秀美, 馬越  大,

  51. 日本膜学会 第35年会 (2013年5月,東京)
    "膜-膜間相互作用に基づく DDS"
    林  啓太, 辰井  剛, 切石  まどか, 島内  寿徳, 馬越  大,

研究業績(招待講演)

5件表示 全件表示
    なし

研究業績(特許)

5件表示 全件表示
    なし