ホーム » 教職員紹介 » プロセス工学グループ » 中村秀美

中村秀美

氏名(漢字) 中村 秀美
氏名(カナ) ナカムラ ヒデミ
氏名(ローマ字) HIDEMI NAKAMURA
性別
研究室 奈良県大和郡山市矢田町22 奈良工業高等専門学校 物質化学工学科棟 X102号室
メールアドレス※ nakamura♦chem.なら-k.ac.jp
電話番号 (0743)55-6156

※巡回ロボット対策のため、@を◆に、naraをひらがなの「なら」に変えています。

所属

物質化学工学科 プロセス工学グループ 教授

取得学位

工学修士   大阪大学大学院基礎工学研究科博士前期課程 1987
博士(工学) 大阪府立大学 1996

研究概要

1.「分離技術」は環境問題、資源の有効利用、人類の生命維持のための研究へと広がっており、今やありとあらゆるところで利用されるとても重要で不可欠な操作である。その一端を担うのが「吸着・イオン交換」を利用した高度分離技術であり、様々な有価物を選択分離して、資源化するための最も期待される技術である。この技術を利用して、環境、ナノ、バイオ、メディカル等様々なシステムに利用できる新しい高度分離技術プロセスの開発を目指して基礎から応用までの研究を進めている。

2.亜臨界水は臨界点を超えない範囲の高温高圧水であり、通常の水と比較するとイオン積が非常に大きいため、加水分解力が非常に強い水である。したがって、酸化力の強い超臨界水とは異なり、亜臨界水処理を行うことにより有機性廃棄物を高速分解、低分子化が可能になる。また誘電率は、温度上昇に伴って低下し、473~573 Kの亜臨界水領域では常温のメタノールやアセトンの値とほぼ同じになる。すなわち、水でありながら油のような溶解力を示すので、疎水性の物質も比較的高濃度で溶解、抽出させることができる。この技術を利用して、様々な有機性廃棄物から有用物質を生産したり、物質合成を行う研究を進めている。

3.エノキタケの菌糸体や子実体には抗腫瘍作用を示す成分や血糖上昇抑制作用を示す成分など様々な有効成分が含まれており、これらの成分は細胞壁の構成成分であるβ-1-3-D グルカンと呼ばれる多糖類やタンパク質で構成されている。菌糸体は、液体培養ができ、かつ子実体に比べ増殖速度も速いため、バイオリアクターによる有用成分の大量生産が可能である。そこで、外部循環式気泡塔をリアクターとして用いたエノキタケ菌糸体の液体大量培養を行うとともに、菌糸体の増殖速度や多糖類やタンパク等の有用物質生産に及すpH や温度、光照射などの培養条件の動的制御によるストレス作用の影響について検討を行い、有用物質の生産速度を高める方法を確立する研究を進めている。

ホームページURL

研究分野

1.吸着・イオン交換法による有価物の高度分離と有価金属回収

2.超臨界・亜臨界処理を利用した有機性廃棄物の資源・エネルギー化、物質合成

3.環境浄化プロセスの開発

4.ゼロ・エミッションプロセスの構築

5.環境分野における微生物の有効利用

6.気泡塔を用いたキノコ菌糸の大量培養

研究・教育歴

1987年4月 – 1995年3月 
          大阪府立大学工学部 化学工学科 助手

1996年6月 – 2000年3月
          大阪府立大学工学部 化学工学科 講師

1999年12月 – 2000年9月
          オーストラリア RMIT大学 客員研究員

2000年4月 – 2007年9月
          大阪府立大学大学院工学研究科物質・化学系専攻化学工学分野 講師

2007年10月 – 2009年3月
          大阪府立大学大学院工学研究科物質・化学系専攻化学工学分野 准教授

2009年4月 – 現在
          奈良工業高等専門学校 物質化学工学科 教授

所属学会

化学工学会,日本吸着学会,分離技術会,日本生物工学会,日本海水学会,
日本溶媒抽出学会,環境バイオテクノロジー学会,日本きのこ学会,
日本工学教育協会

受賞歴

1.  2000年10月 日本溶媒抽出学会ポスター賞(日本溶媒抽出学会) 

外部資金による研究

1. 文部科学省,21世紀COEプログラム、平成14年度~平成18年度
「水を反応場に用いる有機資源循環科学・工学」

2. JST(科学技術振興機構)平成17年度独創的シーズ展開事業委託開発、平成17年度~平成19年度
「亜臨界水処理による鶏由来副生物からの有用成分抽出装置」

3. 日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(B)、平成18年度~平成20年度
「亜臨界水処理によるカニ殻からの新規高純度キチン連続生産法の開発」

4. 日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(B)、平成20年度~平成22年度
「ジャンクペプチド再機能化によるストレス応答型LIPOzymeリアクターの設計開発」

5. JST研究成果最適展開支援プログラム シーズ発掘試験(発掘型)平成21年度
「キトサン繊維を用いた廃棄二次電池からのコバルト回収・資源化プロセスの開発」

6. 日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(C)、平成23年度~平成25年度
「ベルト式連続吸着分離・回収装置による廃棄二次電池からのコバルト回収・再資源化」

7. JST復興促進プログラム(A-STEP)(探索タイプ))、平成24年度~平成25年度
「外部循環式気泡塔を用いたエノキタケ菌糸体の液体大量培養と培養条件の動的制御によるストレス作用を利用した有用物質生産」

研究業績(論文・解説等)

論文

5件表示 全件表示
  1. J. Kuroda, H. Yoshida, H. Nakamura
    ” Composite of Carbonized Wood Made By Using Superheated Water Vapor and Humic Acid for Adsorption of Ammonia Gas”, Proceedings of 9th International Conference on Fundamentals of Adsorption, 2007, p.85.

  2. H. Nakamura, M. Miyasaka, H. Yoshida
    ”Equilibria for Adsorption of Valuable Metals on Cross-Linked Chitosan Fiber And Highly Porous Chitosan Bead“, Proceedings of 9th International Conference on Fundamentals of Adsorption, 2007, p.257.

  3. H. Nakamura, H. Oozono, N. Nakai, H. Yoshida
    ” Conversion of Crab Shell to Useful Resources Using Sub-critical Water Treatment”, Proceedings of International Symposium on EcoTopia Science 07, 2007, p.260.

  4. H. Nakamura, Y. Furubayashi, C. Ikwon, H. Yoshida
    ” Equilibria for Adsorption of Phosphates in OH-Type Strongly Basic Ion Exchanger -Effect of Coexisting Ion-“, Proceedings of The Fourth Joint China/Japan Chemical Engineering Symposium, RE-P-23, 2007.

  5. H.Nakamura, Y.Nakatani
    “Effect of Stress Condition against Biosorption of Heavy Metal by Using Phanerochaete chrysosporium”, Proceedings of 6th Symposium on Membrane Stress Biotechnology, P23, 2008.

  6. H.Nakamura
    “Preparation of Liposomes with Supercritical Fluid and Its Possibilities”, Proceedings of 7th Symposium on Membrane Stress Biotechnology, 2009.

総説

5件表示 全件表示

    記事はありません。

研究業績(著書)

5件表示 全件表示
  1. 亜臨界水反応による廃棄物処理と資源・エネルギー化,シーエムシー出版, 2007(分担執筆)

研究業績(口頭発表・ポスター)

国際

5件表示 全件表示
  1. Joint Meeting of English International Symposium on Hydrothermal Reactions & Seventh International Conference on Solvothermal Reactions ISHR & ICSTR 2006 (Sendai, Japan, August, 2006)
    ・H. Yoshida, H. Nakamura, N. Nakai and H. Oozono
    Production of Useful Substances and Chitin from Crab Shell Using Sub-critical Water Treatment
    ・H. Nakamura, H. Oozono, N. Nakai and H. Yoshida
    Development of New Chitin Producing Method from Crab Shell Using Sub-critical Aqueous Acetic Acid Solution .

  2. 8th International Symposium on Supercritical Fluids ( Kyoto, Japan,  November , 2006)
    ・H. Nakamura, H. Oozono, N. Nakai and H. Yoshida
    Development of New Chitin Producing Method from Crab Shell Using Sub-critical Aqueous Acetic Acid Solution .
    ・H. Yoshida, H. Nakamura, N. Nakai and H. Oozono
    Productions of Useful Chitin and Substances from Crab Shell by Sub-Critical Water Hydrolysis.

  3. 2006 AIChE ANNUAL MEETING (San Francisco, U.S.A , November, 2006)
    ・H. Nakamura, M. Miyasaka, and H. Yoshida
    Equilibria for Adsorption of Heavy Metal Ions on Chitosan Fiber and Highly Porous Chitosan Bead.
    ・H. Nakamura, N. Nakai, H. Oozono and H. Yoshida High Speed Chitin Producing on from Crab Shell Using Sub-Critical Aqueous Acetic Acid Solution.
    ・H.Yoshida, H. Nakamura, N. Nakai, and H. Oozono Productions of Chitin and Valuable Substances from Crab Shell Using Sub-Critical Water.

国内

5件表示 全件表示
  1. 分離技術会2010 (2010年6月,東京)
    梅干調味廃液に含まれる有用物質の吸着分離
    岸本 昇,谷藤可菜,森 緑,山田可奈子,中村秀美

  2. 分離技術会2012 (2012年6月,大阪)
    イオン交換繊維を用いた廃棄二次電池からの有機金属の分離・回収
    岡橋純希,中村秀美,岸本 昇
    亜臨界水処理による米飯および米ぬかからの有用成分抽出
    田之上紘士,安松花子,中村秀美
    外部循環型気泡塔を用いたエノキタケ菌糸体液体培養におけるストレス作用の影響
    藤原里菜,額田和起,伊藤昌輝,中村秀美,河越幹男

  3. 日本文化財科学会第29回大会 (2012年6月,京都)
    出土木材のマイクロ波加熱凍結乾燥法による保存処理の研究1
    川本耕三,植田直見,山田哲也,中村秀美

研究業績(招待講演)

5件表示 全件表示
    なし

研究業績(特許)

5件表示 全件表示
  1. PCT/JP2005/21845、H17年11月
    「キチンを含む有機物の処理法」

  2. PCT/JP2008/51130、H20年1月
    「吸着物分離装置および吸着物の連続分離方法」