ホーム » 教職員紹介 » 生物化学グループ » 直江一光

直江一光

氏名(漢字) 直江 一光
氏名(カナ) ナオエ カズミツ
氏名(ローマ字) Kazumitsu Naoe
性別
研究室 奈良県大和郡山市矢田町22 奈良工業高等専門学校 物質化学工学科棟 Y307号室
メールアドレス※ naoe♦chem.なら-k.ac.jp
電話番号

※巡回ロボット対策のため、@を◆に、naraをひらがなの「なら」に変えています。

所属

物質化学工学科 生物化学グループ 教授

取得学位

博士(工学) (九州大学)

研究概要

「分子集合体を用いた生体物質分離及び物質変換に関する研究」

ある種の両親媒性分子(界面活性剤)を非極性有機溶媒に溶解すると自発的にナノメータースケールの分子集合体を形成します。この分子集合体はその中心に水を可溶化して微水相を形成し、金属イオンやアミノ酸、タンパク質・酵素などの生体高分子を有機溶媒中に可溶化することが可能です。このような分子集合体を含有する有機溶媒を生体物質の抽出媒体としての応用や酵素を可溶化した有機溶媒による非水系物質変換に関する研究を行っています。また、本系はそのサイズ効果を利用したナノ粒子生成の反応場としても有用です。

ホームページURL

 

研究分野

1.分子集合体
2.タンパク質・酵素
3.分離精製
4.酵素反応
5.ナノ粒子

研究・教育歴

2014年度~至現在 :奈良工業高等専門学校 / 教授
2008年度~2013年度:奈良工業高等専門学校 / 物質化学工学科 / 准教授
2009年度:奈良工業高専 / 准教授
2005年度~2006年度:奈良工業高専 / 助教授
2005年度:奈良工業高等専門学校 / 物質化学工学科 / 助教授

所属学会

1.日本分析化学会、
2.日本農芸化学会
3.日本食品科学工学会
4.日本醸造学会

受賞歴

 

外部資金による研究

 Coming soon

研究業績(論文・解説等)

論文

5件表示 全件表示
  1. Naoe, K., Takeuchi, C., Kawagoe, M., Nagayama, K., and Imai, M., J. Chromatography B, 850, 277-284 (2007)

  2. Naoe, K., Petit, C., and Pileni, M. P., J. Phys. Chem. C., 111, 16249-16254 (2007)

  3. Naoe, K., Petit, C., and Pileni, M. P., Langmuir, 24, 2792-2798 (2008)

  4. Naito, N., Takeuchi, J., Naoe, K., Kawagoe, M., Imai, M., and Funato, M., J. Biosci. Bioeng., 108, S99-100 (2009)

  5. Naoe, K., Kataoka, M., and Kawagoe, M., Colloids Surf. A: Physicochem. Eng. Aspects, 363, 116-122 (2010)

  6. Naoe, K., Yoshimoto, S., Naito, N., Kawagoe, M., and Imai, M., Biochem. Eng. J., 55, 140−143 (2011)

総説

5件表示 全件表示

    記事はありません。

研究業績(著書)

5件表示 全件表示
    なし

研究業績(口頭発表・ポスター)

国際

5件表示 全件表示
    なし

国内

5件表示 全件表示
    なし

研究業績(招待講演)

5件表示 全件表示
    なし

研究業績(特許)

5件表示 全件表示
    なし