ホーム » 教職員紹介 » 有機合成化学グループ » 亀井稔之

亀井稔之

氏名(漢字) 亀井 稔之
氏名(カナ) カメイ トシユキ
氏名(ローマ字) TOSHIYUKI KAMEI
性別
研究室 奈良県大和郡山市矢田町22 奈良工業高等専門学校 物質化学工学科棟 Y106号室
メールアドレス※ kamei♦chem.なら-k.ac.jp
電話番号 (0743)55-6155

※巡回ロボット対策のため、@を◆に、naraをひらがなの「なら」に変えています。

所属

物質化学工学科 有機化学グループ 准教授

取得学位

博士(工学) 京都大学 2005
工学修士  京都大学 2003

研究概要

 

ホームページURL

嶋田亀井研のホームページ

研究分野

 1 有機合成化学

 2 有機金属化学

研究・教育歴

2005年4月 – 2005年 9月
          住友製薬(株)化学研究所 研究員

2005年10月-2008年 9月
          大日本住友製薬(株)化学研究所 研究員

2008年10月-2010年3月
          奈良工業高等専門学校 物質化学工学科 助教

2010年4月 -2013年3月 
          奈良工業高等専門学校 物質化学工学科 講師

2013年4月 - 
          奈良工業高等専門学校 物質化学工学科 准教授

所属学会

1. 日本化学会
2. アメリカ化学会
3. 有機合成化学協会

受賞歴

 

外部資金による研究

 

研究業績(論文・解説等)

論文

5件表示 全件表示
  1. Surface Functionalization of Silica by Si-H Activation of Hydrosilanes

    Moitra, N.; Ichii, S.; Kamei, T.; Kanamori, K.; Zhu, Y.; Takeda, K.; Nakanishi, K.; Shimada, T. J. Am Chem. Soc. 2014, 136, 11570.

  2. Kamei, T.; Ishibashi, A.; Shimada, T.

    Metal-free halogenation of arylboronate with N-halosuccinimide, Tetrahedron Lett., 2014, 55, 4245.

  3. Moitra, N.; Matsushima, A.; Kamei, T.; Kanamori, K.; Ikuhara, Y. H.; Gao, X.; Takeda, K.; Yang, Z.; Nakanishi.; K.; Shimada. T

    A new hierarchically porous Pd@HSQ monolithic catalyst for Mizoroki-Heck cross-coupling reaction, New J. Chem., 201438, 1144.

  4. Kamei, T.; Sako, M.; Shimada. T.

    Iodination of binaphthyl compounds and their application, SIS Letters, 2013, 14, 2-11.

  5. Moitra, N.; Kamei, T.; Kanamori, K.; Nakanishi,K.; Takeda, K.; Shimada, T. 

    Recyclable Functionalization of Silica with Alcohols via Dehydrogenative Addition on Hydrogen Silsesquioxane Langmuir2013, 29, 12243. (selected as cover picture)

  6. Kamei, T.; Shibaguchi, H.; Sako. M.; Toribatake, K. Shimada, T.
    Scandium triflate-catalyzed 6,6'-diiodination of 2,2'-dimethoxy-1,1'-binaphthyl with 1,3-diiodo-5,5-dimethylhydantoin, Tetrahedron Lett. 201253, 3894-3896.

  7. Nokami, T.; Soma, R.; Yamamoto Y.; Kamei, T.; Itami, K.; Yoshida, J.
    Generation of pyridyl coordinated organosilicon cation pool by oxidative Si-Si bond dissociation.Beilstein J. Org. Chem. 20073, 7.

  8. Nokami, T.; Tomida, Y.; Kamei, T.; Itami, K.; Yoshida, J.
    Palladium-catalyzed cross-coupling reactions of (2-pyridyl)allyldimethylsilanes with aryl iodides,Org. Lett. 2006, 8(4), 729-731.

  9. Kamei, T.Itami, K.; Fujita, K.; Yoshida.J.
    Copper-Catalyzed Allylation of Carbonyl Derivatives Using Allyl(2-pyridyl)silane, Org. Lett. 2005, 7, 4725-4728

  10. Kamei, T.; Itami, K.; Yoshida, J.
    Catalytic Carbometalation/Cross-Coupling Sequence across Alkynyl(2-pyridyl)silanes Leading to a Diversity-Oriented Synthesis of Tamoxifen-type Tetrasubstituted Olefins, Adv. Synth. Catal. 2004,346, 1824-1835.

  11. Itami, K.; Kamei, T.; Yoshida, J.
    Diversity-Oriented Synthesis of Tamoxifen-type Tetrasubstituted Olefins, J. Am. Chem. Soc. 2003,125, 14670-14671.

  12. Itami, K.; Mitsudo, K.; Nokami, T.; Kamei, T.; Koike, T.; Yoshida, J.
    Pyridylsilyl group-driven cross coupling reactions, J. Organomet. Chem. 2002653, 105-133.

  13. Itami, K.; Kamei, T.; Mineno, M.; Yoshida, J.
    AgOAc-Catalyzed Aldehyde Allylation Using Allyl(2-pyridyl)silane, Chem. Lett. 2002, 1084-1085.

  14. Itami, K.; Mineno, M.; Kamei, T.; Yoshida, J.
    A General and Straightforward Route toward Diarylmethanes. Integrated Cross-Coupling Reactions Using (2-Pyridyl)silylmethylstannane as an Air-Stable, Storable, and Versatile Coupling Platform,Org. Lett. 2002, 4, 3635-3638.

  15. Itami, K.; Nokami, T.; Ishimura, Y.; Mitsudo, K.; Kamei, T.; Yoshida, J.
    Diversity-Oriented Synthesis of Multisubstituted Olefins through the Sequential Integration of Palladium-Catalyzed Cross-Coupling Reactions. 2-Pyridyldimethyl(vinyl)silane as a Versatile Platform for Olefin Synthesis, J. Am. Chem. Soc. 2001, 123, 11577-11585.

  16. Itami, K.; Kamei, T.; Yoshida, J.
    Unusually Accelerated Silylmethyl Transfer from tin in Stille Coupling: Implication of Coordination-Driven Transmetalation, J. Am. Chem. Soc. 2001, 123, 8773-8779.

  17. Itami, K.; Kamei, T.; Mitsudo, K.; Nokami, T.; Yoshida, J.
    Pyridyl Group Assisted Deprotonation of a Methyl Group on Silicon: Complex Induced Proximity Effect and Novel Hydroxymethylation, J. Org. Chem. 200166, 3970-3976.

  18. Itami, K.; Mitsudo, K.; Kamei, T.; Koike, T.; Nokami, T.; Yoshida, J.
    Highly Efficient Carbopalladation Across Vinylsilane: Dual Role of the 2-PyMe2Si Group as a Directing Group and as a Phase Tag, J. Am. Chem.Soc. 2000, 122, 12013-12014

総説

5件表示 全件表示
  1. Kamei T.
    Metal-catalyzed/mediated aromatic C-H bond trifluoromethylation. J. Synth. Org. Chem, Jpn. 201270, 756-757.

研究業績(著書)

5件表示 全件表示
    なし

研究業績(口頭発表・ポスター)

国際

5件表示 全件表示
  1. Pacifichem 2000(2000年 12月Honolulu)
    Unusual Cross-coupling Reaction Using (2-Pyridy)silylmethyllithum
    Kenichiro Itami, Toshiyuki Kamei, Junichi Yoshida

  2. 2nd Italian-Japanese Symposium of Organic Chemistry (2001年 11月Kyoto)
    Unusually Accelerated Silylmethyl Transfer from Tin in Stille Coupling:
    Implication of Coordination-Driven Transmetalation
    Kenichiro Itami, Toshiyuki Kamei, Junichi Yoshida

  3. The 2nd International Symposium of the Kyoto COE Project “Element Science” (2003年1月 Kyoto)
    Directed Carbomagnesation across Alkynyl(2-pyridyl)silane Leading to a Diversity-Oriented Synthesis of Tamoxifen-type Tetrasubstituted Olefin Library
    Kenichiro Itami, Toshiyuki Kamei, Junichi Yoshida

  4. Taiwan-Kyoto COE symposium (2004年8月 Kyoto)
    Diversity-oriented Synthesis of Tamoxifen-type Tetrasubstituted Olefins
    Kenichiro Itami, Toshiyuki Kamei, Junichi Yoshida

  5. International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry
    (IKCOC-11) (2009年9月 Kyoto)
    Preparation of Porphyrin Mesoporous-Silica Starting  from Allysilane Sol-Gel
    Precursor
    A. Umemoto, Y. Goto, Y. Maegawa, N. Mizoshita, S. Kitazato, T. Kamei, T.
    Tani, S. Inagaki, T. Shimada,

  6. International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2009 (C&FC2009)
    (2009年12月Seoul)
    Preparation of Novel Sol-Gel Precursor Giving Porphyrin-Periodic Mesoporous
    Organosilica and Its Application
    A. Umemoto, Y. Maegawa, N. Mizoshita, S. Kitazato, T. Kamei, T. Tani, S.
    Inagaki, T. Shimada,

  7. Pacifichem 2010   (2010年 12月Honolulu)
    1 Application of polymerized BINAP ligand to Buchwald-Hartwig amination.
    A. Ishibashi; T. Kamei; Y. Takamatsu; H. Hosoi; T. Shimada
    2 Switching the reaction pathway of halogenation of heteroaryltrimethylsilanes by choice of the solvent 
    T. Kamei; M. Nishiguchi; T. Shimada

  8. International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2011 (C&FC2011)
    (2009年12月Nara)
    1 Metal-Free Halogenation of Arylboronate with N-Halosuccinimide
    Toshiyuki Kamei, Aoi, Ishibashi, Toyoshi Shimada
    2 Synthesis of Multi-Substituted Benzodithiophenes Using Direct Bromination without desilylation
    Toshiyuki Kamei, Nishiguchi Makoto, Tomohiro Tanaka, Toyoshi Shimada

国内

5件表示 全件表示
  1. 第58回有機金属化学討論会 (2011年9月7-9日、名古屋)
    P3A-17 脱シリル化を伴わない直接的臭素化反応を利用した多置換ベンゾジチオフェン合成
    亀井 稔之・○西口 真功・嶋田 豊司(奈良高専物化工)

  2. 日本化学会第91春季年会  (2011年3月26-29、横浜)

    1C4-45    ゾルゲル前駆体として機能する多置換アリールアリルシラン誘導体の合成
    ○北里槙悟・笹岡孝裕・亀井稔之・嶋田豊司(奈良高専物質化工・JST-CREST)

    2C4-44    3,3’,6,6’-四置換ビナフトールの新規合成法
    ○佐古真・亀井稔之・嶋田豊司(奈良高専物質化工・JST-CREST)

    3PA-171 再利用可能なPd-DPPF触媒を利用したバックワルド-ハートウィックアミノ化反応
    亀井稔之○石橋葵・松浦有沙・高松嘉則・細井弘之・嶋田豊司(奈良高専物質化工・共栄社化学)

    3PA-172 N-ブロモスクシンイミドを用いたシリル置換芳香族化合物のブロモ化反応
    亀井稔之○西口真功・宮本貴文・田中智裕・嶋田豊司(奈良高専物化工

  3. 日本化学会第92春季年会   (2011年3月25-28、横浜)

    3PA-059 新規ペリ-キサンテノキサンテン誘導体の合成
    ○今村一彦・水谷祐介・亀井稔之・白井聡一・谷孝夫・稲垣伸二・嶋田豊司(奈良高専物化工・JST CREST)

    3PA-086 金属触媒を用いないアリールボロン酸エステルのハロゲン化反応
    亀井稔之○石橋葵・嶋田豊司(奈良高専物化工)

    3PA-113 2,6−ビス(トリメチルシリル)ベンゾジチオフェンに対する直接的ブロ
    モ化反応を利用した多置換ベンゾジチオフェンの合成
    亀井稔之○西口真功・田中智裕・嶋田豊司(奈良高専物化工・JST CREST)

  4. 日本プロセス化学会サマーシンポジウム  (2010年7月15日、千葉)

    1P-17       高分子型BINAPを利用したPd触媒によるバックワルドーハートウィックアミノ化反応
    亀井稔之、○石橋葵、高松嘉則・細井弘之・嶋田豊司

  5. 日本化学会第90春季年会(2010年3月26-29、大阪)
    2F3-34 ルイス酸が触媒する位置選択的ヨウ素化反応
    ○芝口廣司・亀井稔之・佐古真・嶋田豊司(奈良高専物化工・JST CREST)
    2PB-135ゾルゲル前駆体として機能するアリールアリルシラン誘導体の効率的合成
    ○梅本明成・北里槙悟・亀井稔之・嶋田豊司(奈良高専物化工・JST CREST)
    2PB-160新規4,4’-ジヨードビナフチルジアルデヒドの合成とその誘導化
    ○水谷祐介・芝口廣司・亀井稔之・嶋田豊司(奈良高専物化工・JST CREST)
    2PB-185高分子型BINAPを利用したPd触媒によるバックワルド-ハートウィックアミノ化反応
    亀井稔之・石橋葵・高松嘉則・米田茂則・嶋田豊司(奈良高専物化工・共栄社化学)
    2PC-075メソポーラスポルフィリンシリカハイブリッドの合成と応用梅本明成
    ○北里槙悟・後藤康友・前川佳史・溝下倫大・亀井稔之・谷孝夫・稲垣伸二・嶋田豊司(奈良高専物化工・豊田中研先端研・JST CREST)

  6. 日本化学会第89春季年会 (2009年3月27-30、船橋)
     3L3-34     シラノールフリー(有機)シリカゲルのクロスカップリング反応への添加剤としての効果
    ○中川浩気・JORAPUR, Yogesh R.・亀井稔之・嶋田豊司(奈良高専物化工・CREST)
     3L3-37     メソポーラスポルフィリンシリカハイブリッドの合成
    ○梅本明成・前川佳史・溝下倫大・北里槙悟・亀井稔之・谷孝夫・稲垣伸二・嶋田豊司(奈良高専物化工・豊田中研先端研・CREST)
     3L3-39     トリス(ビピリジン)ルテニウム錯体のみから構成されるメソポーラスシリカ薄膜の合成
    ○長谷川健・前川佳史・溝下倫大・亀井稔之・谷孝夫・稲垣伸二・嶋田豊司(奈良高専物化工・豊田中研先端研・CREST)

  7. 第27回メディシナルケミストリーシンポジウム(2008年11月26-28日、大阪)
    1P-57       SCD1 阻害薬の探索合成研究
    ○山口洋輝、沢田信行、橋詰美紀、亀井稔之、長谷川太志、三本 勤(大日本住友製薬)

  8. 日本化学会第86春季年会(2006年3月27-30、横浜)
     3J4–34    ケイ素-ケイ素結合の酸化的開裂によるシリルカチオンプール法
    ○相馬陵史・野上敏材・亀井稔之・伊丹健一郎・吉田潤一(京大院工)
     1H1-11    パラジウム触媒による(2 -ピリジル)アリルジメチルシランとヨウ化アリールとのクロスカップリング反応
    ○富田裕・野上敏材・亀井稔之・伊丹健一郎・吉田潤一(京大院工)

  9. 日本化学会第85春季年会(2005年3月26-29、横浜)
    3A6-49 カルボニル誘導体へのアリル(ピリジル)シランの配位駆動型付加反応
    亀井稔之・藤田一義・東象平・伊丹健一郎・吉田潤一(京大院工)
    3D4-42    分子内配位による電子欠損型ケイ素活性種の安定化
    吉田潤一○相馬陵史・亀井稔之・伊丹健一郎(京大院工)

  10. 第51回有機金属化学討論会(2004年10月22-23、東京)
    PB161      2-PyMe2SiCH2SnBu3 をプラットホームに用いた集積型有機金属反応:
    ダブルアリール化反応とアルケニル化-カルボニル付加反応
    亀井 稔之・伊丹 健一郎・藤田 一義・峯野 雅博・吉田 潤一(京大院工)

  11. 第85回有機合成シンポジウム (2004年6月7-9 東京)
    Tamoxifen型四置換オレフィンの多様性指向型合成
    伊丹 健一郎、○亀井 稔之、吉田 潤一

  12. 日本化学会第84春季年会 (2004年3月26-29、西宮)

    3E1-28     有機ケイ素化合物の電子移動に対する分子内配位効果
    吉田潤一○相馬陵史・亀井稔之・伊丹健一郎(京大院工)

  13. 日本化学会第83春季年会 (2003年3月18-21、東京)

    3G6-11    Tamoxifen 型四置換オレフィンのDiversity―Oriented 合成
    伊丹健一郎○亀井稔之・吉田潤一(京大院工)

    3G6-13    連続的Mizoroki―Heck 反応/Hiyama 型カップリングによる多置換オレフィン類のDiversity―Oriented 合成
    伊丹健一郎○野上敏材・大橋洋一・石村陽二・光藤耕一・亀井稔之・吉田潤一(京大院工)

    3G6-17    連続的クロスカップリング反応を用いたジアリールメタン合成
    伊丹健一郎○亀井稔之・峯野雅博・吉田潤一(京大院工)

  14. 第49回有機金属化学討論会 (2002年9月12-13、神戸)

    PB243      連続的クロスカップリング反応によるジアリールメタン合成
    伊丹健一郎・○峯野 雅博・亀井稔之・吉田 潤一(京大院工)

  15. 日本化学会第81春季年会 (2002年3月26-29、東京)

    1G6-31    銅触媒を用いたアルキニル(2―ピリジル)シランに対するカルボマグネゼーション:配位隣接効果と多置換オレフィン合成
    伊丹健一郎○亀井稔之・吉田潤一(京大院工)

  16. 第48回有機金属化学討論会  (2001年9月18-19、横浜)

    B208        ピリジルビニルシランと有機ハライドの集積型クロスカップリング反応
    ○伊丹健一郎・野上敏材・石村陽二・光藤耕一・亀井稔之・吉田潤一(京大院工)

  17. 日本化学会第79春季年会  (2001年3月28-31、西宮)
    3H328      パラジウム触媒を用いた有機スズ―有機ハライドのクロスカップリング反応における
    分子内配位効果と分子内配位子の選択的トランスファー
    伊丹健一郎○亀井稔之・吉田潤一(京大院工)

    3H507      ビニルピリジルシランへの触媒的カルボパラデーション(1)
    ピリジルシリル基の分子内配位効果
    伊丹健一郎○光藤耕一・亀井稔之・小池徹・野上敏材・吉田潤一(京大院工)

    3H508      ビニルピリジルシランへの触媒的カルボパラデーション(2)
    ピリジルシリル基のフェイズタグとしての利用
    伊丹健一郎○亀井稔之・光藤耕一・小池徹・野上敏材・吉田潤一(京大院工)

  18. 第47回有機金属化学討論会  (2000年10月2-3、名古屋)
    PB223      パラジウム触媒によるメチレン基の脱離を伴うクロスカップリング反応
    伊丹健一郎・○亀井稔之・吉田潤一

  19. 日本化学会第78春季年会 (2000年3月28-31、船橋)
    3F504      パラジウム触媒による(シリルメチル)メタルのクロスカップリング反応
    伊丹健一郎○亀井稔之・吉田潤一(京大院工)

研究業績(招待講演)

5件表示 全件表示
    なし

研究業績(特許)

5件表示 全件表示
  1. Fujii, A.; Niidome, K.; Migihashi, C.; Kamei, T.
    Preparation of 3-substituted-2-furancarboxylic acid hydrazide derivatives as glucagon receptor antagonists. PCT Int. Appl. 2011 WO 2011007722.

  2. Shimada, T.; Kamei, T.; Hosoi, H.; Aoki, S.; Takamatsu, Y.
    Process for the preparation of halogenated compound PCT Int. Appl. 2011, WO 2011099232

  3. Fujii, A.; Niidome, K.; Migihashi, C.; Kamei, T.; Matsumoto, T.; Hirata, T.
    Preparation of 3-(4-aminophenyl)-2-furancarboxylic acid hydrazide derivatives as glucagon receptor antagonists and pharmaceutically acceptable salts thereof. PCT Int. Appl2010 WO 2010131669

  4. Fujii, A.; Niidome, K.; Migihashi, C.; Kamei, T.
    Preparation of 3-[4-(substituted alkyl)phenyl]-2-furancarboxylic acid derivatives as glucagon receptor antagonists Jpn. Kokai Tokkyo Koho 2012, JP 2012188352.

  5. Shimada, T; Kamei, T.; Hosoi, H.; Aoki, M.; Takamatsu, Y.
    Phosphinoferrocene group-containing oligomers, heterogeneous catalysts containing them, and their use for amination of aromatic compounds; Jpn. Kokai Tokkyo Koho 2012, JP 2012188386